湘南の矯正専門医が発信する歯並び情報

矯正治療でダイエット!小顔!美しい横顔と笑顔!奇麗な発音!を手に入れることができます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歯列矯正の適齢時期は?成人歯列矯正は何才まで治療が可能か?

 一般的に歯が存在すれば何才でも年齢に関係なく治療は可能です。しかし、診断の結果、歯周病や虫歯が多ければ、矯正治療よりも先にそれらの処置が必要な場合もあります。ちなみに私の矯正歯科医院では60才代の方まで治療を行っています。

実際に矯正治療を行うには最も適した時期というものが現実にはありますが、矯正治療を行う場合、最も大切なことは、矯正治療を行う本人の協力度と認識度が非常に大きな要素となります。


すなわちいくら年齢的に適齢期であっても、矯正治療をやる意味付けがなされていない場合、協力度や認識度が低くなる可能性が高く、治療そのものの結果に悪い影響を与えます。逆に意味付けがなされていれば、むしろ適齢期でない場合においてでも治療結果に良い影響を及ぼします。

一般的に個体差そして性差というものが当然ありますが、矯正治療に最も適した時期は、乳歯から永久歯へ全て生え揃った時点からが、本格的な治療を行うのに最も適した時期と言えます。通常女の子では10~13才位、男の子では12~15才位でこの時期が最も身長が伸びる成長期だからです。

すなわちこの成長期に顎の骨は最終的な形態が決まってしまいます。良好な形態であれば問題ありませんが、骨格的に問題のある悪い形態になった顎の骨は、この成長期が終われば矯正治療ではこの形態を変えることは不可能となります。

この成長期に骨格的な形態が問題なく作られた場合や、骨格的な問題が小さければ成長発育期を過ぎても問題なく矯正治療だけで改善することは可能ですが、骨格的問題が大きい場合は、矯正治療単独での治療では不可能となり、外科処置を併用する連携治療により骨格的な問題の改善も行うことになります。

「湘南の矯正専門医が発信する歯並び情報」トップへ

人気blogランキングへ
20061106155105.gif

スポンサーサイト
  1. 2006/10/24(火) 17:06:37|
  2. 歯並びの話
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<このままでは48年後には世界の食卓から魚介類が消える | ホーム | 歯並びが奇麗だと異性に好感を持たれるのだろうか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://orthotorisu.blog54.fc2.com/tb.php/24-85aa8e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歯科矯正のサイト

はじめまして! トラックバックで失礼いたします。矯正歯科に関するクチコミ情報リンク集を作成しています。よろしければ、登録して頂けませんでしょうか? よろしく、お願い致します。
  1. 2006/11/02(木) 20:49:23 |
  2. @時代の言葉 口コミ情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。